ABOUT

M / mika ninagawa
M / mika ninagawa
M / mika ninagawa

M / mika ninagawa 国内のファッション・モード誌だけでなく海外誌からもシューティングオファーが絶えない、モードのフロントラインで活躍する蜷川実花。 ファッションアイコンとしての人気も高く、自信の作品世界にも通じる唯一無二のテイストと、 その時々のトレンド感を絶妙にミックスさせたオリジナルのスタイルは多くの女性から絶大な支持を得ています。 そんな彼女が2013年パリで開催された世界最大級の国際生地見本市「プルミエール・ヴィジョン」において、 世界トップクラスの技術を誇る「小松精練(本社:石川県/東京支社:銀座)」から自身の作品を用いたテキスタイルを発表し、海外のメディア、ファッションブランドから高い評価を受けました。 また、発表されたテキスタイルを、「アンリアレイジ」「G.V.G.V」など日本を代表するブランドが商品化。 同年新宿伊勢丹で展開したポップアップストアでは、遊び心で彼女自身がディレクションして制作したアイテム約100点が即完売し、買い逃した女性達からはSNSでリピートを望む声が多数あがりました。 そうした声に答え、2014年秋に「M / mika ninagawa」としてブランドデビューするに至りました。 ファーストシーズンである2015年春夏コレクションは、発売と同時に『GINZA』『ELLEジャポン』『Harper's BAZAAR』『装苑』など、数々のファッション誌で紹介され、大きな反響が寄せられました。 10代から40代まで、幅広い女性の支持を受ける蜷川実花の独自のアンテナが捉えた”今”の気分を反映し、彼女自身が心底「着たい!」と思う旬なデザインが、このブランドには詰まっているのです。